パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

落下

11/08/19
友達の母ちゃんから聞いた話。 

後になって、地元では結構有名な話だってことを知ったんだけど… 
既出だったらごめんなさい。 

友達の母ちゃんは、とある市立病院に勤めている。 
その病院には、いわゆる「もう長くない」という人が入院するための病棟があって、 
そこの1階に守衛さんの部屋がある。 

病院はいくつかの病棟にわかれていて、守衛さんは決まった時間に見回りをする。 
普段は敷地の見回りもするんだけど、あまりにもひどい天気の時は 
守衛さんは自室で待機していることが多いらしい。 
続きを読む

夜道

11/08/19
高校生のときに体験した話。 
当時運動系の部活に所属していて毎日帰るのが8時くらい、真っ暗な中を自転車で帰っていた。 
家は一軒家ばかり立ち並んだ閑静な住宅街にあるんだが近所に
一区画だけ正方形に近い塀にぐるっと一周囲まれた寺が建っている。 

引っ越してきてから3年ほど毎日のようにその道を通っていたが
読経のような物音を聞いたこともなければ車が止まってるのを見たことすらない。 
だからといって特別気になることもなくその日もアイスくわえながら自転車で横を通り過ぎたんだが、ふと、その寺の方をみると大体敷地の中央の辺りに二階建ての住まいの二階部分だけが見えたんだ。 

おそらく住職とかの居住スペースだろう、前に見たことがあるかもしれないしないかもしれない、
そんな日常の景色だったんだが、その中央にひとつだけ窓があった。
その窓を何気なしに眺めていると塀の外に立っている電柱が視界を横切った。 
続きを読む

トイレ

08/09/23
どっかで書いたかも

中学生の時、昼休憩もそろそろ終わり、掃除の時間が始まる頃だったと思う。
尿意を催した俺は最寄の渡り廊下にあるトイレに入ろうと扉を開けた。

パチパチパチパチ・・・

拍手が響いた。狭いトイレの中に、先生達が6人程、円を組んで立っていた。
男の先生も女の先生もいた。皆笑いながら、お互いの顔を見ながら、拍手していた。
続きを読む

不気味

11/09/01
旅行先で風景をバックに友達の写真を撮った。 
画像を確認すると、友達の上半身が写っていなかった。 
これはヤバいと思い、黙ってすぐに消去して撮り直した。 
今度はきれいに撮れた。 

友達は数日後高速道路でのバイク事故で亡くなった。 
後続車数台からさらに轢かれ、腰から上がペシャンコになっていたらしい。 
それだけの話です。 
続きを読む

お墓

11/03/07
ウチの母ちゃんは、よく俺と弟の名前を呼び間違える。 
双子じゃないし、俺と弟の年齢も近くないから、なぜ間違えるのか意味が分からない。
せっかち?な性格の母親だなくらいにしか感じてなかった。 

ある休日、母ちゃんが「みんなで墓参りに行こう」と言い出した。
俺も弟も面倒くさがったけど、渋々墓参りをした。
母ちゃんは、やけに墓参りに熱心だった。家に帰り、仏壇の掃除まで俺にやらせる始末。
正直、適当にやって終わらせるつもりだった。 
続きを読む

ツキノワグマ

11/08/18
ロシアのシベリア地方に住む19歳の少女Olga Moskalyovaさんが 
釣りをしている最中に、ツキノワグマに食われて死亡したとのこと。 

熊に襲われている最中に3回、母親に電話して 
「今、熊に食べられてるの!!痛い!!助けて」 
などと助けを求めたそうですが、  

母親は 
また娘が大げさな嘘をついてるわ」 
と取り合わなかったとのことです。 
続きを読む

京都

504:08/10/06
高校の修学旅行で京都に行った時、信号が青になったので横断歩道を渡ろうとすると、いきなり友人達が騒ぎ出した。
なになに??と聞くと、あんたがもう一人いる~!!と、信号待ちの車を指差して言った。
はぁ~?何言ってんの?と指差した車を見ると、後部座席に座っている女性もこちらを見て騒いでいた。
顔をまじまじ見ると、本当に私がいた。運転手は当時付き合っていた彼氏と同じ顔だった。
信号が変わってしまって、その車は行ってしまったが本当にびっくりした。
続きを読む

夜道

11/08/26
友人と遊んだ後、雨降ってるし時間も遅いからって友人を家に送った帰り、
今週のマンガ読んでないなと思いだしてコンビニへ行った店内に客は自分だけ。

一冊目を手にとってふと顔をあげると、コンビニの前の道を白い傘を差し白い服を着た人が歩いてた 
こんな時間に何してんだ(自分も出歩いてるけど)、と思いつつ本に目を落とした 

一冊目を読み終え、次に読もうと思っていた本を手に取り顔をあげると
さっきの人が前の道を歩いてた歩道とコンビニの間には駐車スペースがあるから
至近距離で見たわけじゃないけど、見た目も歩き方も同じだったから一目でわかった 
変だなとは思ったけど、いろんな人がいると思ってそんなに気にしなかった 

二冊目も読み終え、次に先ほど店員さんが並べてくれた
今日発売の雑誌を手に取り、読む前に同じ姿勢で疲れた肩を回すするとまた前の道を歩いてる人が。
続きを読む

海

08/10/03
引っ越す前に住んでいた家は、山の麓だった。
通学路は山を迂回していたが、俺や近所の友達は山を突っ切っていた。
学校は、山を挟んで真裏にあったからだ。
山といっても舗装された道が通っており、中には公園もあって、子供でも
越えるのは簡単だった。

それでも、それは山全体の一部に過ぎず、奥に進むと道も無くなる。
多分日曜日だったと思うが、俺は一人で山に入り、奥へ奥へと進んでみた。
背丈くらいの笹薮を越える途中、隣の山や麓の家が見えた。
だが、笹薮を出てみると、何故か砂浜に立っていた。
後ろは笹薮のままで、両側を岩壁に挟まれた砂浜になっており、子供でも
異変に気付く状況。
だが、笹薮を戻れば帰れるだろうと思って、そう焦ったりはしなかった。
続きを読む
×