パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

怖い話

絶壁

11/02/28
身投げ姫
あれは小学校6年生の夏の頃だった 
いつものように市民プールに行き、夕方になるまで泳いだ 
さあ帰ろうと市民プールを出ようと思った時、 
今日はいつもとは違う道を帰りたくなったのでどこのルートから帰ろうかと思っていた 

市民プールの隣には海がありそれに沿うように道路と山があり、 
その山にはお城の跡地があり公園もあった 

その山の崖の壁に沿うようにある道路は昔は海だったが埋め立てられ道路になっていた 
あまり通ったことはなく、遠回りにもなるのであまり使わなかったが、 
なんとなく通って帰ろうと思い立った 
続きを読む

蛇

11/02/27
俺がばあちゃんから聞いた話なんだけどさ。 
かれこれ40年ほど前、当時は風呂がなかったから近所の銭湯に行っててね。 

そしたらその界隈では有名なマムシ取りを代々やってる家系の親子が居て、 
子供のほう(当時3,4歳だったらしい)の背中に完全にヘビの模様が浮き上がってて 
それも、色も何もかもが。蛇を貼りつけたみたいにさ。それは一生忘れられんって。 
祟りって本当にあるんだって。 

そういう話って、テレビでもネットでも聞かないね。なんでだろう? 
なんか知ってる人いる? 
続きを読む

女

11/01/25
仲のいい男友達がいて、その人の家に遊びに行ったんだけど 
なんか生臭いような香ばしい匂いがずーっとする。 
しかも匂いの元は突き止められなかった。 

彼は笑って「この家、出るからねー」って言ってたんだけど 
どうやらクローゼットのドアの片方だけが外れて吹っ飛んできたり、 
風呂場の排水溝に長い髪が数本(彼は坊主)頻繁に落ちてたりするらしい。 

たまたま彼と世間話で長電話してたことがあって、そのときにずっと気になってたから 
「アンタさっきから椅子の音がギィギィうるさいよ」 
(彼のPCデスクの椅子は、背もたれにもたれるとギィギィ音がした) 
って言ったらお定まりの「え?…今ソファーに座ってるんだけど」って。 
そのあともずーっとギィギィ音がしてた。 
続きを読む

伊丹十三監督

11/07/02
記憶では去年でしたかね、Y組が傘下のG組を破門にした事が有りました。

G組長は組織を解散して、御自分は天台宗の僧侶として得度したのです。

私が言いたいことは何故,G組が破門されたかと言う理由です。

それはかのG組長が、組織の例会や祝儀や不祝儀などで本家に顔出しした後の数日間は、アレがしばしば本家内に出てきたわけですよ。

流石の天下の極道も音を上げてしまったのです。アノ事件にG組は関った様子だと判る程の姿でアレが すうっと出現するのです。

本家の組長は理由を世間に一切説明せず縁切りするように「破門」処置をとりました。
続きを読む

部屋

11/08/15
某SNSでも書かせて頂いたから見たことある人もいるかも。 
2年ほど前の話です。 
広島から都内の会社の内定式に参加した私は 
そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。 

そのホテルは1・2階が証券会社。3・4階が客室。 
5階がフロントで、そこから上がまた客室という 
変わったつくりのホテルだった。 

チェックインを済ませた私に渡されたのは4階2号室の鍵。 
4階に下りた私が自分の部屋を探してフロアをウロウロしていると 
1枚のドアに目が止まる。 
続きを読む

ホーム

10/11/16
俺はその日も残業だった。疲れた体を引きずり帰路に着く。
地下鉄のホームのベンチに鞄とともに崩れるように座る俺。 
終電の案内がホームに流れる。ふと見渡すと、ホームには俺一人。 
そりゃあ連休中日に深夜まで働いてるやつなんかそうそういるもんじゃない。

フッと自嘲の笑いも漏れるというもんだ。
が、そのとき、ホームへのエスカレーターを小さな子供が駆け下りてきた。 
えっ?とよく見るとそのすぐ後ろから母親らしき人が下りてきた。 
『○○ちゃん、ダメ!母さんと手をつなぐのよ!』 
3才ぐらいか。まだ少ない髪を頭の天辺でリボンみたいなので結っている。
続きを読む

海

11/11/18
10年近く前の悪ノリが今年ある意味再発して怖かったので投下してもいいでしょうか。

だいたい10年くらい前に大学のサークルの夏合宿で千葉の内房のあるビーチに行きました。
登場田舎から出てきた俺は土地勘もそれ程なく、外房が波があって内房は穏やかだとか、
そう言った知識はありませんでした。

そんな内房の海にサークルできて、海にい行っても波もなく、
地引網とかが行われている横でチャプチャプしていました。

そんな折、地引網漁船の漁師が
「おい!溺れてるぞ!!」と叫びました。
それは俺達のいるすぐ横、波も全くない凪の海。
俺たちは恐らくその時点で絶命しているであろうその年配の男性を浜まで引いて戻りました。
続きを読む

バー

11/07/03
この間のバイト先での話。
俺としてはオカルトであって欲しい話。
今はバーでバイトしてるんだが、この間の雨の夜に来た女性。
その女性、割と美人だったけど雨に降られたのか服から髪から濡れていた。

そのときは「あー傘持ってないんだー」くらいにしか思わなかった。
それでカウンター席の端(俺寄り)に座ったのね。

カウンターの内側には俺とマスター。
客はその女とDQNぽいカップル1組。
位置的に

マスター          俺
DQN          女
続きを読む

郵便受け

11/08/31
久しぶりに会った友達から聞いた話。 

7月の中頃からそいつの友人Aが急に大学に来なくなった。 
そんで「風邪でも引いたか?」ってメールしたんだけど返信が来ない。 

無視したり、学校サボるやつでもなかったから不思議に思ったんだけど 
特に気にすることもなく過ごしてたんだって。 

それでも試験が近いし、平常点も加点されるからさすがに心配になってたある日。 
突然Aが大学に出てきた。それも酷くやつれて。 
驚いて友達がAに「講義にも出てなかったし、やつれてるし、なした?」って聞いたら 
「ずっと見られてた」って震えながら話し出した。 
続きを読む

人体

11/08/30
高校の時の話しを投下する。 

冬に高熱を出し、3日間ずっとねていたのだが2日目がピークに熱があがり41度まであがった。 

昼だか夜だか良くわかんない時間にふと意識が戻ったが
頭痛が激しく目をつぶったまま眠りに落ちようとしていると、遠くから 
「シャリン…シャリン」 
と音が聞こえてきた、何の音かなーとぼやけた頭で考えていると、
錫杖を突きながら迫ってくる複数の托鉢僧が脳内で自動再生された。 

迫ってくる音は家の中に入ってきて、次第に自分の部屋へ、その音がなんだか心地よく
次第に苦痛が無くなり、自分のベッドの周りをぐるぐる回ったあと少しずつ離れていく。 
続きを読む
×