パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

アニメ

ドラえもん-不気味な回

723名前:
おさかなくわえた名無しさん[]投稿日:2007/06/26(火)14:26:03ID:FTFi9Jy0[1/2]
昔ドラ〇もんで気持ち悪い回があった。

題名が「タレント」それ以上何もなし。絵は何か変。ドラ〇もんだと認識はできるものの、何か引っかかる感じ。

言うなれば前の絵柄から今の絵柄に急に変わったって感じ。普通に色彩とかもおかしい。のび太がピンク色のシャツとズボンが青だった記憶がある。ところどころ色が通常じゃない。
続きを読む

名探偵コナン
14/08/12
今から30年以上も前、中学生だった頃に体験した話。

マンションの6階にある自宅の扉を開けた時に、後ろからナイフを突きつけられた。強盗だった。両腕を後ろ手に縛られて、寝室に放り込まれた。

助かりたい一心で考えを巡らせて、棚にあったS字フック二つとヘアゴムを、空いた口で何とか繋げて

S
O
S

の形にして窓から落とした。
続きを読む

三丁目のたま

12/11/05
三丁目のタマ「まつりばやし」

三丁目の神社でお祭りがある日のこと。一人の少年が神社にある林に子猫を捨てた。今宵(こよい)の祭りに来る人が拾ってくれることを願い、少年は去っていく。

時間は少し過ぎて昼下がり。タマたちは「(装飾やらで)凄いことになっているらしい」神社を見に行くことにした。

涼しい場所を求めて林の中に入って休憩を取るタマたち。そこで捨てられた子猫と出会う。

衰弱し震えている子猫を見たタマたちは野良猫のノラに子猫を任せ、飼い主たちに何とかしてもらおうと家に戻る。
続きを読む

comic-4663596_960_720

721 :1[sage] :2010/06/13(日) 22:46:55 ID:jwK/Nvz30
アニメや同人のネタなんで苦手な人や意味が解らな良人は読み飛ばしてくれ
他に最適なスレがありそうなんだが、見つからないんでここで
近所で父親同士が友達の物心ついた頃から兄弟みたいな関係のキモオタデブが何気に、
と言うか半端無い予知能力を持ってる
しかしその予知能力
何故かアニメとかゲームとかオタク関係中心にしか発動しない

続きを読む

1

542 :本当にあった怖い名無し:2014/03/15(土) 13:15:41.54 ID:hZTAvkuj0
『ヨーロッパだと、フランダースの犬の主人公は不幸な境遇から脱出できずに死んだ負け犬と見る人も多い』
という論説を読んだことがある。
いろいろ感覚が違うんだよな。


続きを読む

狂気、恐怖

17: 本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 18:14:19 ID:QMcAC0qa0
863 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/10(月) 15:50:27 ID:ltEohXex 
http://blog.livedoor.jp/fairypot2/archives/1113989.html 
http://crossroads.journalismcentre.com/2006/ 

1982年、ヤン・コルテールはベルギーのアントワープにある旅行代理店に勤める職員だった。 
ある日、日本から来た少年につたない英語で尋ねられた。 
「フランダースの犬って知ってる?」 
「フランダースの獅子のことかい?」(フランダースのシンボル) 
「違うよ、ライオンじゃないよ。犬だよ。犬!」 
彼にはそれ以上答えることが出来なかった。 
続きを読む

ドラえもん-不気味な回

723名前:
おさかなくわえた名無しさん[]投稿日:2007/06/26(火)14:26:03ID:FTFi9Jy0[1/2]
昔ドラ〇もんで気持ち悪い回があった。

題名が「タレント」それ以上何もなし。絵は何か変。ドラ〇もんだと認識はできるものの、何か引っかかる感じ。

言うなれば前の絵柄から今の絵柄に急に変わったって感じ。普通に色彩とかもおかしい。のび太がピンク色のシャツとズボンが青だった記憶がある。ところどころ色が通常じゃない。
続きを読む

名探偵コナン
14/08/12
今から30年以上も前、中学生だった頃に体験した話。

マンションの6階にある自宅の扉を開けた時に、後ろからナイフを突きつけられた。強盗だった。両腕を後ろ手に縛られて、寝室に放り込まれた。

助かりたい一心で考えを巡らせて、棚にあったS字フック二つとヘアゴムを、空いた口で何とか繋げて

S
O
S

の形にして窓から落とした。
続きを読む

三丁目のたま

12/11/05
三丁目のタマ「まつりばやし」

三丁目の神社でお祭りがある日のこと。一人の少年が神社にある林に子猫を捨てた。今宵(こよい)の祭りに来る人が拾ってくれることを願い、少年は去っていく。

時間は少し過ぎて昼下がり。タマたちは「(装飾やらで)凄いことになっているらしい」神社を見に行くことにした。

涼しい場所を求めて林の中に入って休憩を取るタマたち。そこで捨てられた子猫と出会う。

衰弱し震えている子猫を見たタマたちは野良猫のノラに子猫を任せ、飼い主たちに何とかしてもらおうと家に戻る。
続きを読む
×