パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

不気味

susipakuAB874PAKU9388

849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 18:00
今から十数年前に、私の身に実際に起きた出来事です。

その日、私は仕事が遅くなり、自宅のアパートへ帰り着いたのは夜10時前でした。
早速風呂へ入ろうと思いましたが、あいにく共同風呂のボイラーが故障中で、2,3日は入れないという事だったので、
近所の銭湯へ行くことにしました。

そこの銭湯は営業時間が10時までで、
そのせいか、番台には婆さんが座っていましたが、脱衣所には他に誰もいませんでした。
私は何であれ終了間際の雰囲気が大の苦手なので、風呂場に入るなり、猛スピードで頭を洗い始めました。

続きを読む

笑顔

11/12/04
ついさっき、もしかすると今もかもしれない話 

私は今、母と弟と同じ部屋で寝ています 
二人は既に寝ていました 
電気は、完全に消すのではなく、豆球?(淡いオレンジの光)の状態です 
和室で、位置関係は 

ふ|       | 
す| 母 弟 私 |か 
ま|       |べ 

こんな感じです 
さっきまで私は壁の方を向いて寝ながら、怖い話のサイトや洒落怖を見ていました 
夜中に見ると余計怖いwなんて思っていました 
そしてふと、寝返りを打って母と弟の方に向いたんです 
続きを読む

庭

66: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:01:55.49 ID:d7aPmqSga
小学校低学年の頃、学校から帰ると叔父がいた。
叔父は青ざめてて生気がなく、俺の顔を見ても「おかえり」としか言わない。
叔父は関東の隅っこの山の麓で嫁さんと二人暮らしのサラリーマン。
小学生が帰っている時間に都内のうちにいるのはおかしい。
子供心になにかよくないことがあると思って聞けなかった。

夕食。叔父も父も母も妹も、一言も喋らずに黙々とご飯を食べた。
突然叔父が箸をおいて口を開いた。こんな話。
一週間ほど前、
「うちの犬が毎日昼の決まった時間になると狂ったように吠えて、ご近所に肩身が狭い」
と嫁さんが言い出したらしい。
叔父は「犬には犬の社会があるんだよ」とテキトーに流した。
それからも犬の奇妙な行動は続いたらしく、少し恐くなった嫁さんは昼時には家をあけるようになった。
叔父はくだらないことで脅える嫁さんに腹が立って、
今朝「今日は早く帰ってくるから、家にいろ」と言って家を出た。
続きを読む

f70d6946-s

712 :本当にあった怖い名無し:2008/06/18(水) 14:09:22 ID:K7tsm01b0
絶対にばあちゃんが教えてくれなかった怖い話。
俺は怖い話が好きで、よく「ばあちゃん怖い話して」って子供の頃しょっちゅう言ってた。
ばあちゃんはまた話し上手で、たくさん怖い話をしてくれた。

ある時俺が、「ばあちゃんが知ってる中で一番怖い話を教えて」って言ったら、「それはだめだ」って言われた。
俺は『ははあ、怖がらせようとしてるんだな』と思ってねだったら、
「話したくない事だってあるんだよ!」と怒鳴られた。
ばあちゃんが怒鳴ることなんてあんまりないから、俺ちょっとびびってそのままになってたんだ。

続きを読む

neru1172011623_TP_V

315: 本当にあった怖い名無し 2017/04/19(水) 18:15:29.66 ID:UtGhkWyw0
日曜の昼過ぎ、縁側に敷布団をしいて2歳の息子を胸に乗せ昼寝をしていた。
しばらく経った時、急に胸に息子以外の重みがグッとのしかかった。
(苦しいなあ。娘(4歳)が乗って来たのかなあ。それにしては重いなあ)
何故か意識が朦朧として体が動かない。目を薄っすらと開けて見ると、息子が胸にしがみついて寝ているだけだった。
(そういや娘は嫁と出掛けたよなあ。何だろうなあこれ)と考えていると。
バン!と急に縁側のガラスを叩かれた。
相変わらず体が動かないので横目でその方向を見ると、誰かがガラスにベッタリとくっついてこっちを見ていた。

続きを読む

不気味

12/04/23
中学時代の先輩の話なんだが、自分の部屋近くでいつも赤い布がゆれてるらしい。

家の外からしか見えないものなんだが、元々黒い布が見えてて、最近赤い布に変わったそうだ。

それも、布が段々と短くなっていっているような気がすると言ってた。

部屋の中からは見えないから、怖くて外に出たくないらしい。それから少しして、先輩が不登校になった。

これだけの話なんだけど、そんなに怖くない話で、スマソ。

こういう体験した人っているのかな?
続きを読む

barbie-3599654_1920

766: 本当にあった怖い名無し 2017/05/10(水) 20:32:39.01 ID:Rkw0lfmE0
死ぬ程洒落にならない訳じゃないが自分が怖かった体験

両親が結婚した時仲人をしてくれた夫婦が、自分が生まれたお祝いに赤ちゃんの人形をプレゼントしてくれた。

その人形は大きさは二歳くらいの子供の大きさで髪の毛はクリクリとした金髪に近い茶色。
手足の関節も動かせ、服の着せ替えやお世話ごっこ?などして遊ぶ人形だ。
今で言う「ぽぽちゃん」のでかいバージョン。
しかし、ぽぽちゃんのように可愛らしい感じではなく顔立ちは洋風で可愛らしさはあまりなくちょっと怖い。
そして寝かせると長い睫毛がついた瞼を閉じ目を瞑る。

続きを読む

neru1172011623_TP_V

165 :2/1:2005/12/01(木) 12:32:52 ID:9or0cvfV0
私が聞いた話で一番怖かったやつ。

私がまだ記憶が無いほど小さい頃。幼稚園年少さんくらいかな。
毎日なぜか夕方決まった時間に、居間のテーブルの周りをグルグル回る、という奇行を繰り返していたらしい。
で、5分くらいグルグルしたあと、大泣きして床に倒れる。倒れたあとぐっすりねる。

続きを読む

susipakuAB785PAKU3852_TP_V

539: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 17:15:29.80 ID:2M8C8wC+0
以前老人ホームに勤務していた時の話。
4階建ての大型の施設で、部屋は相部屋。
エレベーターに近い方から1号室、2号室と部屋が区切られていた。

そのため、階層問わず自力で移動できる介護度の軽い人ほど
若い番号の部屋に集められていたのだけれど…

ある日の深夜、全階層の1号室から一斉にナースコールがかかった。
そしてコールを鳴らした全員から同じ訴えがあった。

続きを読む

夜道
07/06/05
近所で有名な徘徊老人の話。

家の近所には夜十一時くらいになると、ヒモでなんかを引きずってるおばあちゃんが出没します。

僕自身も何度も見てるんだけど、暗いから何を引きずってるかはいつもわかんなかった。

まあ、

「あ~ちゃん(?)疲れたか~」
続きを読む
×