パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

地震

洞窟

12/05/09
小学生の頃の話だけど、昔よく学校の裏山で遊んでたんだ。

でその山には封鎖された洞窟(防空壕かも)があって興味本位で友達と入ることになった。

ライトとお菓子を持って、新しい秘密基地にしようぜとか言いながら進んで行った。

入り口から少し光が届くぐらいのところでお菓子を食べることにした。その時は夏休みだったんだが洞窟内はすごくひんやりとして心地よかった。

楽しく会話していると奥からドゴォッという音がした。誰かいるのかと思い俺達は急いで洞窟から出た。
続きを読む

11-一反木綿
16/07/31
五年前の地震で、津波に足を取られてあっと言う間に流された。

漁組から流れてきた発泡スチロールのデカ箱につかまり、濁流の中をザザーッと流れていると、津波方向から波乗りするみたいにして白い人らしき物体がこっちに向かってきているのが見えた。

ジュディオングみたいな服で、阿波おどりみたいな感じで、手をひらひらさせている。

流されながら「なんだあれ!?」と目を凝らそうとすると浸水して二階に避難しているらしいじいさんが上から
続きを読む

髪の毛

2012/08/20
俺が去年に体験した話。

当時はすごく怖かったんだけど、今考えてみると何か不思議な体験だった。

美容師になって4年目、新人の技術指導で休日出勤してた日だった。その日は本来休みじゃなかったんだけど、店長が里帰りするっていうので1日だけ臨時休業になった日だった。

技術を競い合う様々な競技のコンテストが間近に迫ってて、俺の勤めてる店は新人もベテランも皆強制参加しなければならない。

そこで良い成績を取れれば店からちょっとしたお小遣いが貰えたりするので、自主的に休日出勤をして練習を繰り返していた。
続きを読む

東日本大震災

2012/03/15
まあ書いたことそのままなんだけど、俺は11歳頃まで父方の実家で、父・母・祖父母(+数年後に弟)と一緒に暮らしてた。

で、この祖母と母の嫁姑仲が最悪に悪かった。そこから恐らく全て始まったんだけど、まずババアは母の出産自体気に食わなかったらしく、生まれたばかりで退院して間もない俺の額を指で凹ませて殺そうとしたことが二度ほどあったらしい。

んで当然ながら時間がたつにつれて和解。おばあちゃんは優しくなりました。

なんてことはなく、まあ虐待じみたことを10年ほどがまんしてたんだが、ついに母親が切れて父と離婚→俺と弟を連れて引越しし、ババアとの縁は切れた。

かに思われたんだけど、その日、去年の3/11の時にはちょうど爺さんの命日で、爺さんには何かと世話になったということで、実に9年ぶりに父方の実家に戻っていた。
続きを読む

田舎の風景

984:
本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月)12:47:46.40ID:DTKcuH0/0
村八分【むらはちぶ】とは

村のおきてを破った村人を、他の村人が申し合わせて、のけものにすること。転じて、一般に仲間はずれにすること。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/村八分

小学生の頃、両親が離婚し、俺は母親に引き取られ母の実家へ引っ越すことになった。母の実家は東北地方のある町で、かなりさびれている。

家もまばらで町にお店は小さいスーパーが一軒、コンビニもどきが一軒あるだけ。その町の小学校へ通うことになったが、全学年で20人弱。同級生は自分を含めて4人しかいなかった。

越してきて1年半ほどたったある日、一学年上の子にいじめられるようになった。原因はなんだったか思い出せない。まぁたいしたことじゃないと思う。
続きを読む

creepy-638943_640

490 :本当にあった怖い名無し[sage] :2005/07/10(日) 23:15:23 ID:TA8A1pS50
なんか思い出した、子供のころの妙な友達。自分、両親共働きで鍵っ子。
とは言っても託児所みたいな所で遊んで帰って、家で一人でいるのは一時間も無い。
んで、その一時間がその「ともだち」との交流の時間。

うちに何故だか有った、腹話術用の人形なんだが、そいつは何故か妙にお洒落で、子供心に美形な15歳ぐらいの顔の人形だった。

続きを読む

ecd3612c-s

821 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/04/23(日) 20:28:22.22 ID:cnnbYe7g0.net
中学生の時、
同級生のN君の親父が夜、地元の墓地の横を通り過ぎる時無数の火の玉を目撃。

翌日大きな地震が起きその墓地の墓柱全部倒れてしまった。

続きを読む

BOB20614J000_TP_V

875: 暁 2006/10/04(水) 15:35:01 ID:PBcqns6hO
それではお話致します。
あれはもう10年以上も前の事です。
当時、小生は大阪の信太山にある陸上自衛隊にて勤務しており、阪神淡路大震災の時には災害派遣で多くの被災者の方々の救護活動に従事しておりました。

あの地震が発生して2週間程経った頃、事態はある程度鎮静化し救助活動にあたっていた部隊の2/3は駐屯地に戻ってそれぞれの勤務にあたる様にとの事となりました。

つづく

続きを読む

YUKIR20505_20_TP_V (1)

40 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 20:43:07.88 ID:21T9zBS+0

「ただ聞いて欲しいの!」「ハイ聞きましょう」277



977 :名無しさん@HOME:2012/05/03(木) 13:13:36.57 0
誰にもいえないんだけど聞いてほしい。フェィクはいりまくりで読みにくかったらごめん。

去年の震災で自分の母を失った。
ご近所の奥さんが降ってきたガラスでひどい怪我をされてしまい、
自分は車を用意できたので奥さんを乗せて、病院へ行く途中津波がきた。

続きを読む

earthquake-1665887_960_720

686: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/20(木) 00:46:37.63 ID:szILMQR80
つたない文で申し訳ないが、東日本に出動した先輩自衛官から聞いた話。

先輩は火災のあった津波被災地に出動したそうだ。
バディと二人で歩いていると、最初はなんでもない瓦礫だらけなんだが、
一度ご遺体をみつけると徐々に目がなれてくるのか、気が付くと周りは骨だらけ。
(火災のあった地域なので、水死はほとんどなかったそうで、まだ良かった
ほうらしい)最初に骨盤だとわかると、次々に見つかる背骨や焼け焦げた
ご遺体。津波もあって、何人分かもわからない。
続きを読む
×