パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

子供

放送事故

11/09/02
昔体験した話を投下してみる 

寝室で彼女寝てる隣でで横になりながらテレビ見てたんだ 
深夜だったしいいのやってねーなーって思いつつボーっと画面見つめてたんだ 
そしたらテレビの砂嵐の音分かるかな?ザーってやつ。 

あれみたいな音が一瞬だけ不規則なかすかに間隔で聞こえるんだ。ザッ、ザッ、って 
わりとすぐ気づいたけどその音は俺がまばたきする時に鳴ってた。 
なんだこれ…なんか耳おかしいなーって思った。

確かめるように長めにまばたきしたんだけどやっぱり目を閉じてる間だけザーーーって 
聞こえてくる…だいじょぶか?とかおもいながら目を閉じてたら急に目が見えたんだ。
目は閉じたまま、テレビは付いてたが部屋の 
電気は消してたから目を閉じたらほぼ真っ暗なのにやけにはっきりと目だけが見える 
続きを読む

砂嵐

10/03/27
ケータイから失礼します。おれが小さい頃体験した話。 
小学校に上がる前か、小学校低学年の時のことなのか記憶が曖昧なんだが…。 
その当時おれは悪いことをすると母親にこっぴどく叱られ、よく家の外に閉め出されていた。 
妙な体験をしたその時も、夜8時か9時くらいだろうか、玄関先の庭に閉め出されていた。 

おれはわんわんと泣きじゃくっていたんだけど、ふと気付くと『そいつ』はいた。
人型をした影のようなものだった。 
身長は150センチくらいだろうか。影といっても全身真っ黒ではなくて、テレビの砂嵐のような、 
続きを読む

庭

66: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 05:01:55.49 ID:d7aPmqSga
小学校低学年の頃、学校から帰ると叔父がいた。
叔父は青ざめてて生気がなく、俺の顔を見ても「おかえり」としか言わない。
叔父は関東の隅っこの山の麓で嫁さんと二人暮らしのサラリーマン。
小学生が帰っている時間に都内のうちにいるのはおかしい。
子供心になにかよくないことがあると思って聞けなかった。

夕食。叔父も父も母も妹も、一言も喋らずに黙々とご飯を食べた。
突然叔父が箸をおいて口を開いた。こんな話。
一週間ほど前、
「うちの犬が毎日昼の決まった時間になると狂ったように吠えて、ご近所に肩身が狭い」
と嫁さんが言い出したらしい。
叔父は「犬には犬の社会があるんだよ」とテキトーに流した。
それからも犬の奇妙な行動は続いたらしく、少し恐くなった嫁さんは昼時には家をあけるようになった。
叔父はくだらないことで脅える嫁さんに腹が立って、
今朝「今日は早く帰ってくるから、家にいろ」と言って家を出た。
続きを読む

【山怖】不気味な子供

700
本当にあった怖い名無しsage2011/11/11(金)13:26:30.35ID:CdgzweIRO
祖母はずいぶん前にもう亡くなったが、広大な畑と山を持っていた。

小学生の時は夏休みと正月、年2回家族で会いに行っていて、そこで、その畑と裏の森で遊ぶのが毎回お決まりだった。
続きを読む

入口がない家屋-怖い話-山

591:08/16(水)15:58TbnEistc0[sage]
大学時代の友人が体験した話

友人は農学部で生物関連の色々なバイトなんかを受けていた
動物調査や、標本採集はキツイだけあって結構給料がいいのでよく受けていたそうだ

言葉だけ聞くと楽そうに思えるのだが実際は山の中を延々と歩いて規定数の生物をクリアしないといけないのでかなりキツイ

最近見たニュースで、その友人が体験したことを思い出したので書いてみる
続きを読む

田舎

10/08/20
数年前に務めていた病院ってのが東北のド田舎で、山間にあったんだけど、ほんの少し一緒に働いてたおじさんに聞いた話。

だいぶ昔の事だよー、と前置きしてから話してくれた。

世間でいうお盆休み期間でも、病院に勤めてるとなかなかそういうのが取れない。

その日もいつもどおり業務を終えて病院を出ると終バス時刻まであと15分くらいだった。

病院を出て5分ほどの場所にある小さなバスの待合所の中は真っ暗だったので、真っ暗な山道の中でほんの少しだけ外灯の明かりが届く外に出てバスを待っていた。

バスが来る方向を見ながらウォークマン(当時の事だからカセット式)を聞いていると、町の方から一台の車が通りかかった。
続きを読む

田舎

11/07/04
これは102になる俺の婆ちゃんから聞いた話&俺が体験した話なんだけど、今思い出しても少し怖いかな。

あれは1年前の話、俺は田舎に住んでる婆ちゃんの家に遊びに行った。

俺にとっては当然だけど、婆ちゃんの家にはたまにしか行けないから凄く歓迎されるわけよ。

「あら、よく来たわね。いらっしゃい」

「婆ちゃん大丈夫?病気とかしてない?」

「大丈夫よ」

こんな風に話してたりしたら、夢中になっちゃったんだろうね。時計を見ると午後九時を回ってた。
続きを読む

火事
07/12/28
中学の頃の先生から聞いた話。長い話だったんだけど、自分なりに短めにまとめてみます。

先生がまだ大学生の時、大学の先輩が教員免許を取るために小学校に実習に行ったそうだ。

先輩は受け持ちになったクラスの子供達とすぐに打ち解け、大変な実習もどうにか乗り越えられそうだった。

実習終了まで残りわずかとなったある日、受け持ちのクラスの女の子の家が火事になり、二階の子供部屋で寝ていた女の子とお兄ちゃんが亡くなってしまった。
続きを読む

肉
09/02/07
去年の11月の初めころから、家の中にちょくちょく生肉が落ちている。

この間なんかスリッパの中にくちゃっと丸めて入れられていた。それも、どれも売っている肉とは違ってまだ微妙に皮と白っぽいうぶ毛がついている。豚肉みたいなピンクの肉。

俺さ、マンションに一人暮らしなのよ。こんな気味の悪いいたずらするような同居人、居ないわけよ。

だから、これといって害があるわけではないけどなんだか気味が悪いなぁ程度には思ってたの。
続きを読む

踏切
11/05/09
線路沿いにあるコンビニで買い物し、外に出ると取り囲む様に大勢の人がいて、いっせいに見られた。

ふとうつむいて足元を見ると”血だらけ”。流れる様な状態ではなく、降り出した夕立の様な状態で。

驚いて避けようとしたら、目の前にしゃがんで泣きながら大きな人形(最初はそう見えた)を抱いている女のひとが…
続きを読む
×