パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

田舎

海

04/01/30
俺が、小学の頃だったかな…。季節は8月くらい、夏休みの終わりの頃だった。

俺の故郷は、海の近くで海岸線には堤防があり、堤防の近くの土手でよく仲間と遊んでいたものだった。

その日は夏休みももうすぐ終わろうとしている頃で、俺達はスケボーを持ち出して、その堤防の土手の近くでスケボーをしていた。

しばらくたって俺は喉が渇いたんで、近くの自販機までジュースを買いにいった。

他の仲間達はまだ土手でスケボーしているのが自販機のところからでも見えた。ジュースを買って土手のところまで戻っている途中、ふと気づいたんだ。

「…仲間の一人がいない。」
続きを読む

線路、横たわる女性

766名前:
コピペsage投稿日:2006/02/19(日)15:05:48ID:nyZQ/5DQ0
ガキの頃自分が死んでいるのを、自分で見た記憶あるんだけど。

田舎にいるので近所が草原ばかり。その生い茂る草の中に横たわる青ジャージの自分。スカジャンにジーンズ姿の自分。慌てて逃げた。
続きを読む

田舎

17/01/29
中学の時先生に聞いた話。時空系かな?

先生は霊感あって気持ち悪いとことか感じるらしいんだけど(学校の中でも、どこ棟の屋上は気持ち悪いみたいなことを言ってた)、その先生が大学生だった時の話。

その時先生は出かけようとして家の前で靴紐結んでたんだけど、急に気持ち悪い感じがブワッと胸に広がったらしい。

で、何だと思って顔を上げるとあたり一面田んぼになってて、あぜ道にいたと。先生の家は普通の住宅街にある。
続きを読む

女の幽霊

16/08/25
彼女の高校時代の写真を眺めて居る時に、

「撮った時は気付かなかったんだけど何枚か変な写真があるんだよねー」

と言いながら見せてきた写真があるんだが、それは俺から見れば明らかに心霊写真でした。

3枚くらい変な写りの写真があって、全部赤い炎みたいなものが写ってる。

一枚目は炎のような赤い靄のようなものが全体にうつっている。

二枚目は左半分が赤くなっており、逆さにして見てみると正面を向いている女性の顔半分。

三枚目は写真の左上から右下にかけて大きく赤く靄がかっており、口を大きく開けて上を向いている女性の横顔に見える。
続きを読む

柿の木
13/02/26
親友が祖母から聞いたという話。

友祖母は若い頃長野の方の田舎で病気がちな母親と住んでいた。その家の庭には大きくて立派な柿の木があったらしい。

で、ある秋の夕暮れに、縁側でお茶を飲んでぼーっとしていた時、ふと柿の木に目が行った。

別になんてこともなく熟れ始めた柿の実がいくつかなっているだけだったのだが、妙な事にその枝を見ていたら急になんだかその木で首を吊って死んでみたくなったのだと言う。
続きを読む

時空
17/09/29
この話、なぜかわからないけど意識しないとすぐ忘れそうになるので記録するという意味でも投下させてください。

独特な内容なので地元の人には特定されると思う。でも別に構わない。

パラノーマルちゃんねるが好きでよく時空系の話をみてるんですが、そういえば自分にもそんな体験があったなと思い出した。

子供の頃自分の家から見える景色が何度か変わったことがある。でもそれを認識していたのは自分だけだった。

階段の途中にある窓から見える景色。小学生の頃は畑が見えていて外から明かりが入ってきてて、階段がとても明るかった。
続きを読む

山道
11/08/03
これから肝試しシーズンだからハメを外し過ぎないように小話を。

今から5年ほど前になるけど、当時俺は写真にはまっていて休みを利用しては色々な場所へ撮影しに行ってた。

秋にさしかかる頃、山陰のとある農村に撮影しに行くことにした。

そこは昔ながらの伝統的な農業を営んでいて、どこを撮っても写真が映えるような理想の場所だった。

田畑ばかりではなく、山もまた綺麗で一風変わっていた。
続きを読む

人魚
13/11/09
昔、漁村では、漁村の出身者同士が結婚するのが一般的でした。生活習慣や価値観が山村とは異なるためです。

村のAさんは、内陸の村に造船の交渉のためおもむいた際、村の娘さんと良い仲になり、お嫁さんとして迎えることになりました。

Aさんは男前で体が立派でたくましかったので、ねらっている娘たちも地元の村にも少なからずいて、残念がられました。

結婚して、こどもが生まれました。長男、長女と生まれて、次男が誕生。みな、元気に育ちました。昔は乳児死亡率が高かったので、めでたいことでした。
続きを読む

町内放送
08/12/06
おれの住んでいる地区では徘徊老人や迷子が出ると役所が街頭拡声器で放送を流す。

「〇〇歳の男性が、××時から行方がわかりません。背格好は…」

とかそんな感じ。見つかると、

「先ほど放送した男性は、無事発見されました」

というような放送が流れる。

冬になると毎年風物詩のようにこの放送が流れるんだ。
続きを読む

電話ボックス

08/02/27
10年くらい前の話。

友人の田舎で花火大会があるとのことで、仲間5人でバイクで遊びに行った。

地方のさらにド田舎にあるその目的地は夜9時も回れば誰もいなくなるような寂しいところだった。

花火大会も終わり夜10時頃にそこを出発した。

ほとんど車も通らないような国道をしばらく走ると道路わきにぽつんと電話ボックスがあった。
続きを読む
×